【東京モーターショー2013】トヨタの燃料電池自動車「FCV コンセプト」(ビデオ付)

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年11月24日 16時0分

【東京モーターショー2013】トヨタの燃料電池自動車「FCV コンセプト」(ビデオ付)




トヨタは、第43回東京モーターショーのプレスデーとなった20日、次世代燃料電池自動車「FCV CONCEPT」を公開した。
FCV CONCEPTは、床下に小型・軽量化した新型の燃料電池(FCスタック)や70MPaの高圧水素タンク2本を搭載。FCスタックは、「トヨタ FCHV-adv」に搭載されていたものの2倍以上となる出力密度3kW/Lを実現している。約3分で水素をフル充填でき、実用航続距離は500km以上。同車は5万ドル(約506万円)前後で米国市場に投入されると言われているが、今回トヨタは価格については明らかにしていない。

かつてトヨタが米国向けの大衆車として発表したハイブリッド車の概念には、当初懐疑的な見方も多かったが、技術の改善を重ねた結果、今やプリウスシリーズは米国のハイブリッドカー市場で6割以上のシェアを誇るまでになった。トヨタは、その成功例にならい、2015年に市販を開始する今回の燃料電池車のシェア拡大を目指すようだ。詳細はプレスリリース(英語)をどうぞ。

<関連動画はこちら>

By Seyth Miersma
翻訳:日本映像翻訳アカデミー



【PR】FCVコンセプトの購入を考える前に!まずは現在お乗りのクルマの査定価格を調べてみよう!

<関連フォトギャラリー>








<人気フォトギャラリー>






【東京モーターショー2013】トヨタの燃料電池自動車「FCV コンセプト」(ビデオ付)

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング