P・ウォーカーの事故死で『ワイルド・スピード』続編が製作休止 2人の死因の詳細も

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年12月7日 8時0分

P・ウォーカーの事故死で『ワイルド・スピード』続編が製作休止 2人の死因の詳細も


自動車業界と映画界に大きな衝撃を与えたポール・ウォーカー氏とロジャー・ロダス氏のいたましい事故について、新たな情報が入ってきたのでお伝えしよう。
ポール氏が主役を演じた『ワイルド・スピード』シリーズ第7作目の製作休止が米ユニバーサル・ピクチャーズにより正式に発表された。同社は以下のようにコメントしている。

「我々は現在、全社員が一丸となってポールのご遺族や、『ワイルド・スピード』シリーズのファミリーであるキャスト、クルー、映画製作会社のサポートに専念しています。現段階での我々の責任は、『Fast & Furious 7』の製作を一時休止し、シリーズを今後前進させるに当たり、可能な選択肢をすべて検討することです。ファンの方々には詳しい情報が入り次第、お伝えしていきます。それまでは我々と一緒に親愛なる友、ポール・ウォーカーの冥福を祈って頂ければと思います」

そして、2人の死因についても明らかになった。米のインターネット新聞『ハフィントン・ポスト』と一般大衆紙『USA Today』が伝えたところによると、ポール氏の死因は、事故の衝撃による外傷と事故後に起きた火災によるやけどで、即死ではなかったようだ。一方で、ロジャー氏の死因にやけどは挙げられてなかったという。遺体の損傷が激しく、2人の身元は歯の治療記録によって確認された。ちなみに薬物検査の結果が出るのは6~8週間後になるそうだ。

また新たな情報が入り次第、お伝えしたい。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング