【ビデオ】1998年に400台限定で生産されたインプレッサ「22B-STi Version」

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年12月9日 16時0分

【ビデオ】1998年に400台限定で生産されたインプレッサ「22B-STi Version」


スバルのYoutube公式チャンネルに、今は懐かしいインプレッサ プレミアムスポーツクーペ「22B-STi Version」の映像がアップされたのでご紹介しよう。
スバルは1998年に世界ラリー選手権(WRC)用の「Impreza World Rally Car '97」のロードバージョンとして、インプレッサ プレミアムスポーツクーペ「22B-STi Version」を発売した。この車は、スバルがインプレッサで1995年から1997年まで3年連続でWRCマニュファクチャラーズタイトルを獲得したことに加え、この年(98年)が同社の自動車部門が40周年に当たることを記念して、400台限定で販売された貴重なモデルだ。2.0リッターから2.2リッターに拡大された水平対向4気筒ターボエンジンを搭載し、より大きく張り出したブリスターフェンダーを装備するなどの変更が施されており、外観はラリーカーのインプレッサに瓜二つだ。

「22B-STi Version」はそのほとんどが日本国内にある。しかし今回、スバル オブ アメリカの広報担当マネージャーであるドミニク・インファンテ氏が、米国内に2台しかない同車の1台に試乗できる機会に恵まれた。ビデオの中で、同氏は「22B-STi Version」の由来やデザイン、そしてインプレッサ STiがモータースポーツと公道の両方で人気を博している理由について詳しく説明しているが、見ている方はブルーのボディとゴールドのホイールといった外観やエンジン音のほうに目と耳を奪われてしまうだろう。

それでは是非、ビデオをご堪能いただきたい。

<関連動画はこちら>

By Damon Lowney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング