2013年 国内自動車メーカー低燃費ハイブリッドカーランキング ベスト5!

Autoblog JP(オートブログ) / 2013年12月31日 15時0分

2013年 国内自動車メーカー低燃費ハイブリッドカーランキング ベスト5!


2012年に引き続き、2013年のハイブリッドカーの燃費ランキングをご紹介しよう。ハイブリッドカーは、ガソリンエンジンで効率が悪い部分を補うことが出来るモーターとバッテリーが搭載されているだけに、さらに低燃費が期待できるのが特長だ。
第5位は、30.8km/L(JC08モード)を達成したマツダ「アクセラ」だ。

トヨタからの技術供与によって実現したハイブリッドは、2.0L・ガソリン「SKYAVTIV-G 2.0」エンジンをベースに新たにハイブリッド専用ユニットとして開発された。

最高出力99ps/5,200rpm・最大トルク14.5kgm/4,000rpmにチューニングされ、これに82psと21.1kgを発生する電気モーターと容量6.5Ahのニッケル水素バッテリー(いずれもトヨタの「プリウス」と同スペック)、電気式無段変速機が組み合わされる。なお、バッテリーを搭載するスペースの関係からかセダンのみの設定となっている。

重量がほぼ同じことを考えると本家「プリウス」との燃費の差は、「プリウス」が1.8Lのところ、「アクセラ」2.0Lエンジンを搭載しているための違いということか。

「アクセラ」の詳細記事はこちら。


第4位は、32.6km/L(JC08モード)を達成したトヨタ「プリウス」だ。

昨年2位から2ランクダウン。同クラスで競合するライバルがいないせいか昨年から燃費向上が図られていないので、いたしかたないだろう。


第3位は、33.0/L(JC08モード)を達成したトヨタ「カローラ アクシオ」、「カローラ フィールダー」だ。

搭載するハイブリッド・システムは「リダクション機構付きTHS II(トヨタ・ハイブリッド・システム II)」。最高出力74ps/4,800rpm・最大トルク11.3kgm/3,600~4,400rpmの排気量1.5L「1NZ-FXE」型アトキンソンサイクル直列4気筒エンジンに、45kW(61ps)と17.2kgmを発生する「1LM」型電気モーター(交流同期電動機)と容量6.5Ah のニッケル水素電池を組み合わせたもので、つまりスペックまで含めて「アクア」と共通だ。

「アクア」よりも60kg重い「カローラ アクシオ」と100kg重い「カローラ フィールダー」でもプリウスを超える燃費をたたき出しているのは、「アクア」のパワーユニットの素質のよさを物語っている。

「カローラ アクシオ」、「カローラ フィールダー」の詳細記事はこちら。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング