【短評】「2リッターVTECターボはモンスターだ!」 ホンダ「シビックTypeR」プロトタイプ

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年1月12日 14時30分


このシビック TypeRには、アースドリームテクノロジーという触れ込みがついているために、誰もがホンダが新たに開発したVTECターボはパフォーマンスより環境重視のエンジンだと考えてしまうだろう。これは大筋においては間違っておらず、特に、1.0リッターと1.5リッターに関しては、その印象は正しい。しかし、2.0リッターは全く違う。このエンジンは"モンスター"だと言っていい。
高出力のターボチャージャー、直墳技術、高性能冷却システム、さらに可変バルブタイミング(VTEC)により、この新開発された2.0リッター4気筒エンジンは280hp以上の最高出力を発生し、その一方で2014年から施行されるユーロ6の排出ガス規制にも対応する環境性能の高さも合わせ持つ。実際のスペックは確認されていない(まだ正式に発表されていない)が、フォード「フォーカス ST」(最高出力252hp)、マツダスピード3(日本名:マツダスピードアクセラ)(同274hp)を凌ぎ、フォルクスワーゲン「GTI」(同217hp)と「ゴルフR」(同296hp)の中間に位置することは確かだ。

ホンダは、デモンストレーションとテストの目的で、より小型の1.5リッター4気筒ターボエンジンや1.0リッター3気筒ターボエンジンを「アキュラ ILX」や普通のシビックのハッチバックに詰め込んだ。しかし、この2.0リッター4気筒エンジンが搭載されたクルマを、単にシビックのエンジンを載せ替えただけと考えると裏切られる。今回、著者が試乗したのは、ホンダのホットハッチが築いてきた長い歴史の流れをくむ、次期型シビック Type Rである。この最新モデルで、ホンダはルノーの「メガーヌ R.S. トロフィー」が2011年に、軽量の「メガーヌ R26. R」が2008年にニュルブルクリンクで叩き出した市販前輪駆動車の最速ラップを更新することを狙っているという。実に大きな目標だと思うが、Type Rがどんな車なのか試乗してみることが先決である。我々は日本の栃木県にあるホンダの四輪R&Dセンターに向かった。

所感

このプロトタイプType Rのまわりをぐるりと歩いてみると、すぐにこれが普通のシビックではないことに気がつく。マットブラックにペイントされ、主要な部分がテープで覆われていても、それは隠しようがなかった。ボリューム感を増したホイールアーチと、大型リア・ウイングやディフューザーを備え、その両脇から4本のエキゾースト・テールパイプが突き出している。ゴルフRを除く前述のライバルたちには見られない特徴だ。軽合金のホイールの裏には、クロスドリル加工されたブレーキディスクに明るいレッドのブレンボ製キャリパーがついているのが見える。車内に乗り込み、深く身体を包み込むアルカンターラ張りのバケットシートに座れば、リムの太いステアリング・ホイールがちょうど胸の前に位置していた。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング