【北米国際自動車ショー2014】鮮やかな新色をまとったSRT「ヴァイパー」が初公開!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年1月17日 8時30分

【北米国際自動車ショー2014】鮮やかな新色をまとったSRT「ヴァイパー」が初公開!



クライスラーの高性能車開発部門であるSRT(ストリート・アンド・レーシング・テクノロジー)が、ボディカラー、パッケージ共に一新した「ヴァイパー」を北米国際自動車ショー2014で初披露した。
先日もお伝えした通り、ボディカラーは目も覚めるような鮮やかな「ストライカー・グリーン」。2008年のヴァイパーに使用されていた「スネークスキン・グリーン」にさらにエッジを効かせた、どぎついカラーリングに仕上がっている。

また、カーボンファイバー製の巨大なリアウイングや両サイドに取り付けられたフロントスプリッターなど、クライスラーのカスタマイズ用パーツ部門であるMopar(モパー)が手掛けたプロトタイプのエアロパッケージも新鮮だ。

詳細については、プレスリリース(英語)をチェックしてみよう。

By Jeffrey N. Ross
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング