ロータス初の2輪車「C-01」がついに公開!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年1月20日 6時30分

ロータス初の2輪車「C-01」がついに公開!


ロータスが2輪製造に参入するというニュースについて半年ほど前にお伝えしたが、英国の2輪情報サイト『Motorcycle News』が、「C-01」のレンダリング画像(当サイトによると、公式なレンダリング画像とのこと)を掲載したのでお伝えしよう。予想していたものと同じかどうかはさておき、後部より高く配置されたフロント部分と、大胆にワイドな後輪が印象的なパワークルーザーだ。
C-01のエンジンは、オーストリアのオートバイメーカー、KTMのスーパーバイク「RC8 R」の水冷式V型2気筒エンジンを200hpにチューンしたものを搭載するという。そしてパワートレインは、ロータスならではの、ブラックとゴールドで塗装されたモノコックに納められる(これがストレスメンバーとしての役割も担うのかどうかは今のところ不明)とのこと。ちなみにブラックの部分はカーボンファイバーの模様を活かしているようだ。

このレンダリング画像から想像するに、C-01はドゥカティ「ディアベル」を意識して作られたようにも思える。単にブランド名とロゴの使用を許されたライセンス製造とはいえ、ロータスの名前を持つ初の2輪となるだけに、どんな仕上がりを見せてくれるのか気になるところだ。

By Jeremy Korzeniewski
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング