【ビデオ】自分でオイル交換したほうがいい5つの理由とは?

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年1月25日 12時0分

【ビデオ】自分でオイル交換したほうがいい5つの理由とは?


どんなにクルマが好きでも、"エンジンオイルの交換は、面倒だからプロに任せる"という人が多いだろう。だが、オイル交換は最も簡単なメンテナンス作業であり、自分でやればメカニックに支払う作業代も浮いて経済的だ。今回は、自分でオイル交換することをおすすめする5つの理由をビデオ付きでご紹介しよう。
1. ネットに情報がたくさんある

今回、ご紹介しているビデオのように、いまはネットにエンジンオイルの交換方法を紹介している映像がたくさんある。その中から、自分に適したものを選び、事前に作業全体をチェックすれば、それほど難しい作業ではないことが分かるはずだ。あらかじめ必要な道具も確認することができる。


2. 必要なものが簡単に手に入る

昔はディーラーや整備工場でなければ、オイル自体や交換に必要な道具をそろえることができなかったが、いまでは大手のカー用品店やホームセンターで手軽に購入できる。


3. 安心感を持てる

信頼できるディーラーやガソリンスタンドに依頼する場合は問題ないが、店によっては使用したオイルの種類やメーカー名を顧客に知らせないケースもある。まれに、コスト削減のために、品質の悪いエンジンオイルを使用される可能性もあるので要注意だ。自分の手で交換すればその心配もない。


4. 時間の節約になる
メカニックに依頼するには、予約を取って車を店舗に持ち込まなければならない。その場で1時間くらい待つ場合も多いだろう。オイルやフィルターの購入を何かのついでに済ませておけば、自分の好きなタイミングで、最低限の時間で作業が済む。


5. 自信と満足感が得られる

エンジンオイルを交換するだけでも、かなりの充実感が味わえる。愛車に対する知識と理解を深めるのにも良い機会だ。今後のメンテナンス作業やちょっとしたトラブルにも対応できる自信がつくだろう。


ビデオでは、1975年型のクライスラー「ダッジ・ダート」を使用して、実際にエンジンオイルを交換する様子が収められている。かなり旧式のクルマだが、見ての通りの簡単な作業だ。最近の車種ならば、もっと楽なはず。ぜひ、皆さんも試してみてはいかがだろうか。




By: Stan Markuze
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング