ホンダ「CB750 FOUR」に、1,520万円もの値段が付いたその理由とは!?

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年2月14日 6時30分

ホンダ「CB750 FOUR」に、1,520万円もの値段が付いたその理由とは!?


ホンダが世界に誇ったオートバイ「CB750 FOUR」が米オークションサイト「eBay Motors」に出品され、14万8100ドル(約1520万円)で落札されたというニュースをお届けしよう。
ロードレース世界選手権全クラス制覇を成し遂げたホンダが、1969年にその技術を注ぎ込み、世界(特にアメリカ)に向けて送り出した「ドリーム CB750 FOUR」。パワフルな最高出力67psの736cc並列4気筒OHCエンジンを搭載し、セルモーターや前輪ディスクブレーキなど、当時としては先進的な技術が採用された"世界最高級オートバイ"(当時のプレスリリースより)だった。日本の読者なら『750ライダー』という漫画を想い出す方もいるかも知れない。

2輪車の歴史的に見ても貴重なモデルではあるが、eBayに出品されたのはさらに稀少な、僅か4台のみがハンドメイドされたプロトタイプであるという。

同オークションの出品者によると、ホンダはCB750 FOURを米国メディアに披露するため、1968年に4台の試作車を製造。ホンダの技術者が手作業で、数百個に及ぶワンオフで作られた特製パーツから1台1台組み立てたこれらのプロトタイプには、その後の量産車とは各部が異なる特徴があるそうだ。

オークションに登場したキャンディブルーグリーンのCB750は、その希少な4台の中の1台で、当時のアメリカにおける宣伝活動に使われ、雑誌に写真が掲載されたこともあるという。出品者の話では4台の試作車のうち1台(キャンディレッド)はすでに破砕され、1台(キャンディゴールド)はヨーロッパにあり、残る1台(キャンディダークグリーンメタリック)は所在不明になっているとのこと。

今回のオークションには102件の入札があり、最終的な落札価格は14万8100ドル(約1,520万円)にも達した。1台のオートバイに支払う金額としてはかなり高価だが、この貴重な機会に手に入れることができたコレクターにとっては、それだけの価値があるに違いない。

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング