【レポート】アウディの新型「RS4アバント」は、V8からV6ターボにダウンサイズ

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年2月27日 8時30分

【レポート】アウディの新型「RS4アバント」は、V8からV6ターボにダウンサイズ



今回は、アウディの新型「RS4アバント」に関する情報をキャッチしたので、その詳細をご紹介しよう(上の写真は新型「RS6アバント」)。
米の自動車情報誌『カー・アンド・ドライバー』に掲載されたアウディ関係者の話によると、新型「RS4アバント」のエンジンは、従来の4.2リッターV型8気筒からV型6気筒ターボに変更されるという。エンジンブロックは「S4」のスーパーチャージャー付き3.0リッターV型6気筒と同じものを使うが、過給器は2機のターボチャージャーに付け替えられるとのこと。エンジンの出力は400hp程度とみられ、これは新型BMW「M3」の最高出力425hpや、新型メルセデス「Cクラス AMG」の450hp(このパワーはあくまで噂)に匹敵する。

現時点でアウディが新型のRS4アバントを米で販売するつもりはないようだが、日本では現行モデルに引き続き、販売されることを願いたい。

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング