ランボルギーニ「ウラカンLP610-4」のコンフィギュレーターが公開

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年2月27日 12時0分

ランボルギーニ「ウラカンLP610-4」のコンフィギュレーターが公開



ランボルギーニ「ガヤルド」の後継モデルとして、今年3月のジュネーブ・モーターショーで正式にデビューする予定の「ウラカン LP610-4」。そのコンフィギュレーターが公式サイトに公開された。
同車は、最高出力610hpの5.2リッターV10直噴エンジンを搭載し、0-100km/h加速3.2秒、最高速度325km/h。駆動方式はAWDで、トランスミッションには7速デュアルクラッチが採用されている。

このコンフィギュレーターでは、19色のボディカラー、2種類のホイール、5色のブレーキキャリパー、2種類のエンジンフードのほか、インテリアのカラーや仕立てなどを自由に組み合わせることができるが、価格は明記されていない。もっとも、アストンマーティン、ベントレー、フェラーリ、ロールス・ロイスのような高級車のコンフィギュレーターでは、価格が表示されないことは珍しくない。

それでは早速、ランボルギーニの公式サイトで自分好みのウラカンをデザインしてみよう。時間が経つのを忘れて、お仕事に支障をきたすことがないよう、ご注意。

By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング