ベントレーが最高速度322km/h超のSUVを開発?

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年3月26日 8時30分

ベントレーが最高速度322km/h超のSUVを開発?



最高速度200mph(約322km/h)を記録する車といえば、かつてはスーパースポーツカーしかなかった。しかし、最近はコンバーチブル、セダン、ステーションワゴンもこの中に含まれてくるようになった。では、SUVはどうだろう? あの形状と空気抵抗を考えたら、ありえないと誰もが思うだろう。しかし、ベントレーは2016年販売予定の初のSUVで200mphを目指しているようだ。
同社が開発中のSUVは、高いオフロード性能に加え、オンロードでも世界最速を目標にしているという。関係者からの情報によると、この新型SUVは、高さを抑えたルーフラインを持つ流線型のスタイルになる可能性があり、またアンダーボディも優れたエアロダイナミクスを発揮するような設計がされるようだ。パワートレインに関しては、V8、ディーゼル、ハイブリッドなど様々な噂が飛び交っているが、恐らく最もパワフルなW12エンジンが搭載されるのではないかと我々は予想している。

しかし、ベントレーは、具体的な目標についてはノーコメントとしている。「当社のSUVはまだ開発途上にあり、性能について具体的な数字を挙げるのは時期尚早だ。もちろん、ベントレーの名に恥じないようなパワーと性能を備えたクルマとなる」とのこと。

いずれにしろ、この情報が正しいならば、コンチネンタル・シリーズに負けないスピードを持ったSUVになるだろう。(SUVのサイズに近い)上級セダンのミュルザンヌ(最高速は185mph<日本の公式HPでは296km/h>)や、ポルシェ「カイエン ターボS」(最高速は"たったの"175mph<日本の公式HPでは283km/h>)とは比較にならないレベルの革新的なSUVの誕生だ。もし実現すれば、かのエットーレ・ブガッティがベントレーについて言った「世界最速のトラック」という言葉が、なんとも予言じみていたということになる。
また情報が入り次第、お伝えしたい。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング