デビッド・ブラウン・オートモーティブが、レトロモダンな「スピードバック」を発表!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年3月31日 16時0分

デビッド・ブラウン・オートモーティブが、レトロモダンな「スピードバック」を発表!



今年1月に設立が伝えられたイギリスのコーチビルダー、デビッド・ブラウン・オートモーティブ。翌2月には初プロジェクトの詳細とイメージ画像が発表されていたが、今回その完成車がロンドンで公開されたので、ビデオと写真でご紹介しよう。
「スピードバック」と名付けられたこのモデルは、ジャガー「XKR」がベースとなっており、その現代的なシャシー(といってもXKは2006年デビューで、間もなく生産終了となるが)に、伝統的な英国製GTを思わせるハンドメイドのボディを架装したもの。外観はクラシックなアストンマーティン似だが、その心臓部にはジャガーのスーパーチャージャー付き5.0リッターV8エンジンを搭載し、最高出力500hp以上を誇るという。価格は明らかになっていないが、細部に至るまでイギリスの素材、イギリスの職人技に徹底的にこだわって作られていることを考えると超高価であることは間違いないだろう。

ちなみに、デビッド・ブラウンと言えば、アストンの元オーナーで、そのイニシャルを冠したDBシリーズの生みの親を思い浮かべるが、このデビッド・ブラウン・オートモーティブのCEOは、同姓同名の別人とのこと。

スピードバックは、4月17日からモナコで開催される「トップマークス」でお披露目される予定だ。それでは、ブラウン氏とチーフデザイナーのアラン・モバリー氏の解説と共に、気品漂うスピードバックの姿をビデオでお楽しみいただきたい。さらに詳しく知りたい方はプレスリリース(英語)をどうぞ。


<関連動画はこちら>

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング