フィアット「500」の2015年モデルに液晶メーターと6速ATが追加

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年4月10日 6時30分

フィアット「500」の2015年モデルに液晶メーターと6速ATが追加



フィアットは先月のジュネーブ・モーターショーで、ダッシュボードディスプレイなどがアップデートされた欧州仕様の「500」を発表したが、4月16日に開幕するニューヨーク国際オートショーで、米仕様車についてもアップデートした2015年型モデルをお披露目すると発表した。
今回のアップデートにより「500」には、EVの「500e」と同様、もしくは非常によく似た高解像度の7インチ液晶メーターが装備され、速度や燃費、燃料残などの情報がデジタル表示される。さらにラジオや電話などのインフォテインメント、リアパークアシストを装備している場合にはリアビューの映像もこのモニター内に表示されるようだ。その他にも、センターコンソールのデザインが新しくなり、新色のボディーカラーも登場する。

また、従来はマニュアルシフトのみだった「500ターボ」(米向けモデル)、「500アバルト」、「500アバルト カブリオレ(日本名:「500アバルトC」)」に、アイシンAWF6F25の6速ATが設定された。

米国での新型「500」の販売は今年7月の予定。詳細についてはプレスリリース(英語)をどうぞ。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング