【NYオートショー2014】ランドローバーが最新技術を満載したコンセプトカーを公開

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年4月17日 6時30分

【NYオートショー2014】ランドローバーが最新技術を満載したコンセプトカーを公開




ランドローバーが、ジュネーブモーターショーで「ディスカバリー・ビジョン・コンセプト」のティザー映像を公開したのは1か月以上前のことだが、ついに実車が4月16日開幕のNY国際オートショーに先駆けて公開されたのでお伝えしよう。
お披露目の場に選ばれたのは、ニューヨークのハドソン川沿いにあるイントレピッド海上航空宇宙博物館。英の実業家、リチャード・ブランソンが立ち上げた民間宇宙飛行会社、ヴァージン・ギャラクティック(VG)と長期的なパートナーシップ契約を結んだばかりの同社にとっては、うってつけの場所といえそうだ(イベントではVGが開発した準軌道宇宙船、「VSSエンタープライズ」の実物大モデルも展示されていたという)。

ランドローバーはディスカバリー・ビジョン・コンセプトについて、「ランドローバーが考えるRV車の未来像」とコメントしており、同車にはその言葉にふさわしい最新のデザインとテクノロジーが採用されている。

その言葉通り、この7人乗りのディスカバリー・ビジョン・コンセプトには、ジェスチャー・コントロール、リモート・コントロール・ドライブ、レーザー・ヘッドライト、スマート・ガラス、レーザー路面計測、トランスペアレント・ボンネットといった斬新なテクノロジーが満載だ。今後10年間に、これらの技術がランドローバーの市販モデルに導入される見通しだ。

ディスカバリー・ビジョン・コンセプトの詳細は、プレスリリース(英語)をご覧いただきたい。オートショー開催期間中は、会場からの写真もお伝えするのでお楽しみに。

By Michael Harley
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング