マツダ、次期型「ロードスター」のシャシーと、拘りを込めた25周年記念モデルをNYで発表!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年4月16日 19時0分

マツダ、次期型「ロードスター」のシャシーと、拘りを込めた25周年記念モデルをNYで発表!


マツダは、間もなく開幕するニューヨーク国際オートショーに出展するという「Mazda MX-5(日本名:マツダ ロードスター)」の誕生25周年を記念した特別仕様車「Mazda MX-5 Miata 25th Anniversary Edition」と、「MX-5」の次期モデルに採用されるという新開発の「SKYACTIV(スカイアクティブ)シャシー」の画像と概要を発表した。


1989年、日本では「ユーノスロードスター」として発売された「マツダ ロードスター」こと「MX-5」は、これまでに累積販売台数94万台を超え、「2人乗り小型オープンスポーツカー販売台数世界一」としてギネス世界記録にも認定されている、我が国が世界に誇る名車の1つだ。

今回ニューヨーク国際オートショーで発表されるMazda MX-5 Miata 25th Anniversary Editionは、その3代目にあたる現行型モデルに「MX-5がお客様とともに共有してきた25年分の"Fun"を集約させた特別仕様車」であるとマツダは言う。


電動開閉式ルーフが装備された「パワーリトラクタブルハードトップ(RHT)」モデルをベースに、「アテンザ」などでお馴染みの「ソウルレッドプレミアムメタリック」をボディ・カラーに採用し、Aピラーとドアミラーはブリリアントブラックで塗装。その行程にはまずAピラーをブラックで塗ってから手作業でマスキングし、ボディを塗り上げるという手間が費やされているという。この魅力的なエクステリアに、各所にレッド・ステッチがあしらわれたオフホワイトのレザーシートおよびレザートリムを組み合わせ、ダッシュボードにはグラデーションが美しい手塗り仕上げのインテリア装飾パネルが装着されている。

エンジンはスペックこそノーマルと変わらないが、ピストン、コンロッド、フライホイールは公差が小さく、さらにその中から軽いものを厳選して組んでいるという。足回りにはビルシュタイン社製ダンパー(MT車のみ)を装備し、ダークガンメタリック塗装の17インチ・ホイールに205/45R17サイズのブリヂストン「ポテンザ RE05A」タイヤを装着。「四半世紀にわたる人とクルマの愛情物語の主人公であるファンの方々に、マツダの限りない感謝の気持ちとこだわりを込めて造り上げた」特別仕様となっているそうだ。


そしてこちらも注目の、次期型ロードスター用「SKYACTIV シャシー」には、エンジンとマニュアル・トランスミッションが縦置きされており、マツダによれば「SKYACTIV搭載車初となるフロントミッドシップエンジンと後輪駆動のレイアウトを示しています」とのこと。そして「歴代MX-5の中で最もコンパクトなレイアウトを実現しながら、エンジンをさらに中央寄りに配置するとともに、低重心化を図っています。また、優れた剛性・衝突安全性能を確保しながら、車両重量は現行モデル比で100kg以上の軽量化を目指します」というから、否応なく次期型ロードスターへの期待は高まる。もっともこれは完成形ではなく、「まだ開発途上ではありますが、マツダの次期MX-5の方向性を示すもの」であるそうだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング