【NYオートショー2014】アウディ「A3」が「2014ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」に!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年4月21日 18時0分

【NYオートショー2014】アウディ「A3」が「2014ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」に!



現在開催中のNY国際オートショーにて「2014ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」が発表され、ファイナリストに残ったマツダ「マツダ3」(日本名:「アクセラ」)とBMW「4シリーズ」を抑え、新型アウディ「A3」が見事その栄冠に輝いた。
これについて、アウディAG取締役会会長のルパート・シュタートラー氏は「初代受賞車のアウディ A6に続き、アウディ A3が受賞出来たことを心から誇りに思います。アウディ A3は、軽量化技術、ドライブトレーン、モバイル インフォテインメント、ドライバー アシストシステムなど多くの最新技術を取り入れた自動車生産におけるアウディの積極的な姿勢を世に示す1台です。今回の栄誉ある受賞は、アウディにとって、喜ぶべき素晴らしい出来事です」とコメントしている。

「ワールド・カー・アワード」は、大賞である「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー」を含め、全5部門に分かれている。他の4部門を受賞したクルマは以下の通り。

・「ワールド・グリーン・カー」部門:BMW「i3」
・「ワールド・カー・デザイン」部門:BMW「i3」
・「ワールド・パフォーマンス・カー」部門:ポルシェ「911 GT3」
・「ワールド・ラグジュアリー・カー」部門:メルセデス・ベンツ「Sクラス」

惜しくも受賞は逃したものの、最終候補まで残ったクルマのリストをチェックしておこう。皆さんは、今回の受賞結果をどう思っただろうか? ぜひ、コメント欄で意見を聞かせてほしい。

By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング