【ビデオ】「LEXUS AMAZING EXPERIENCE」 怒濤の走り LEXUSの本気度を見た

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年4月24日 17時0分

【ビデオ】「LEXUS AMAZING EXPERIENCE」 怒濤の走り LEXUSの本気度を見た


 今回で4回目の開催となるLEXUS AMAZING EXPERIENCE。開催当日春らしい陽気にも恵まれ参加者達は存分にLEXUSのおもてなしを体感。抽選で選ばれた20人の参加者は、GS350、IS350、IS300h、そしてLFAを使いショートサーキット、本コース、特設コースでインストラクターの指導のもとドライビングレッスンを行った。今回autoblogでは、レクサスの本質に迫る為現場に潜入。一部始終をカメラにおさめる事に成功した。
 LEXUSドライビングディレクターの木下隆之氏をはじめ、今期SUPER GT500に参戦する石浦宏明選手、大嶋和也選手など豪華インストラックター陣で参加者達を迎えた。
朝のブリーフィング後早々にコースへ移動、各組に分かれた参加者達は、クルマの試乗をスタートさせた。

 午前のセッションは、ショートコースとブレーキングに分かれ開始。真剣な眼差しでインストラクターの話を食い入るように見つめる参加者達。
 インストラクター先導でサーキット走行。ショートコースでの自身の走りを走行後インストラクターと共に分析。ブレーキングは、インストラクターの指示に従い日常では体験できないフルブレーキングを行い運転技術の向上を目指す。

 午前の走行を終え参加者達は、昼食会場へ。ここでもレクサスのホスピタリティの素晴らしさが随所に垣間見る事が出来る。昼食後午後のセクション、エクストリームドライブスタート。
チキンレースは、3台1組で行われる実践を交えた競技。加速した状態から指定エリアへフルブレーキングし勝敗をつける。楽しみながら安全を考える、まさにLEXUS AMAZING EXPERIENCEそのものとも言える。

 リバースターンは、バックで全開加速した状態からステアリングできっかけを作りフルロックまでステアリングを切る。楽しみながら実際に行う走行は、思考を凝らしたカリュキュラムを作るレクサスの想いが十分に伝わる。

 ショートコースでは、本コースでの走行に備え午前中よりもペースを上げ鍛錬を重ねる。ショートコース、本コースの完熟走行が終了し、いよいよLFAで富士スピードウエイ本コースをサーキットドライブ。富士スピードウエイの長い直線を心置きなくLFAで全開走行。LFAの速さ、スポーツ性能を参加者は堪能した。

 最後のプログラム、レーシングタクシー。インストラクターがドライブするLFAで富士スピードウエイ本コースをレーシングスピードで走行。自身のドライブするLFAとレーシングドライバーとの差を実体験できる貴重な時間満喫。

 レッスン終了後アフターパーティが開かれ参加者全員に修了証書が、LEXUSドライビングディレクターの木下隆之氏から直接手渡された。

 LEXUS AMAZING EXPERIENCEでは、徹底したクルマの楽しみ方、安全走行への配慮、参加者の運転技術向上と、レクサスの目指す最高のホスピタリティーを体験、思い切りクルマを操り楽しむ事が出来た。今後もラグジュアリーブランドLEXUSのチャレンジに期待したい。

LEXUSドライビングディレクター木下隆之氏が、富士スピードウェイをLFA Nürburgring Packageを駆り走行する、車内映像をご覧いただきたい。

【ビデオ】「LEXUS AMAZING EXPERIENCE」 怒濤の走り LEXUSの本気度を見た

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング