【ビデオ】キューバの自動車レースにかける熱い想いを描いたドキュメンタリー

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年5月7日 18時0分

【ビデオ】キューバの自動車レースにかける熱い想いを描いたドキュメンタリー


以前お伝えしたように、キューバでは1959年の革命後から最近まで、政府の許可なくクルマを売買することが禁じられており、国外から輸入される新車もほとんどなかった。また、同様に自動車レースも「危険なエリートのスポーツ」として禁止されていた。今回は、そんなキューバで非合法のドラッグ・レースを行いつつ、革命後初となる国内での合法的なレース開催を目指す人々の熱い思いを描いたドキュメンタリー作品『ハバナ・モーター・クラブ(原題)』をご紹介しよう。
この作品はKickstarter(キックスターター)という資金調達サイトを使い、5万2250ドル(約534万円)を集めたことによって現在も制作が続けられている。2014年内か遅くとも2015年初頭までには作品をリリースする予定とのことだが、出資者は一般に先駆けて観ることができるようだ。

公開されたトレーラーを観ると、この作品の主役は米国製のクラシックカーであることが分かる。革命以前に作られたアメリカ車が現役で活躍している姿にファンはうっとりするだろう。制作者によれば、この作品の一番の狙いは、キューバの社会が発展していることを、モータースポーツを通して広く知ってもらうことだそうだ。

作品のトレーラーに加え、監督兼プロデューサーのベント・ヨルゲン・ペルムット氏が米自動車情報サイト『Autoline Daily』のインタビューに答える動画(5分43秒あたり)もご覧いただきたい。


<関連動画はこちら>

Havana Motor Club Trailer from Gloss Studio on Vimeo.


<関連動画はこちら>

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング