ホンダが小型ビジネスジェット機「HondaJet」の量産1号機をついに公開

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年5月23日 6時30分

ホンダが小型ビジネスジェット機「HondaJet」の量産1号機をついに公開



クルマとオートバイに留まらず、ATV(全地形対応車)、船舶用エンジン、汎用製品など多様な製品を擁するホンダのラインアップに、間もなくジェット機が加わることになりそうだ。2006年から小型ビジネスジェット機の開発に本格的に乗り出したホンダは、その後、何年にもわたりプロトタイプによるテストを繰り返し、2012年には量産機の製造開始を発表。そして先日、ついに完成間近という「HondaJet(ホンダジェット)」の1号機を公開した。
完成に向けて仕上げの段階にある1号機には、ホンダとゼネラル・エレクトリック社(GE)による折半出資子会社であるGE ホンダ エアロ エンジンズ社製の高効率ターボファンエンジン「HF120」が搭載されている。今後、地上での機能試験を行い、今年の夏には初めての飛行を予定しているという。この1号機はパールグリーンとゴールドのストライプで彩られているが、その他にシルバー、レッド、イエロー、ブルーが用意されている。

HondaJetの生産を手掛けるホンダ・エアクラフト・カンパニー(米にあるホンダの子会社)は社員数が1,000人に達し、現在9機のHondaJetを製造しているという。ニュースリリース(日本語)によると、2015年1月〜3月にFAA(米連邦航空局)型式証明を取得次第、デリバリーを開始する予定だそうだ。

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

HondaJet 公式サイト

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング