【人とくるまのテクノロジー展2014】次期型「NSX」のパワートレインを初公開!!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年5月28日 12時30分

【人とくるまのテクノロジー展2014】次期型「NSX」のパワートレインを初公開!!


ホンダは、5月21~23日にパシフィコ横浜で開催された"人とくるまのテクノロジー展2014"で、次期型「NSX」として注目されているNSXコンセプトのパワートレインを一般向けに初公開した。

東京モーターショーでも公表されている通り、エンジンが配置されるレイアウトは、初代と同様ミッドシップにレイアウトされている。


エンジンは、V型6気筒エンジンが縦置きにレイアウトされる。ターボチャージャーは、左右各1個ずつ配されるツインターボだ。排気量や出力は今回も公開されなかった。

トランスミッションは7速のDCT(デュアルクラッチトランスミッション)が搭載されており、効率的でダイレクトな走りを実現している。


駆動は、「レジェンド」等にも採用されたSH-AWD(スーパーハンドリング・オールホイールドライブ)だ。エンジンとトランスミッション内部に組み込まれたモーターで後輪を駆動すると同時に、フロントは2つのモーターを左右独立して駆動することでコーナーでの安定した走行を可能にしている。ちなみに、モーター駆動時は、前輪だけでの走行となる。

似たような構成を採用しているのが、アキュラ「RL」のスポーツハイブリッドSH-AWDだ。こちらは、V型3.5Lで1モーター内蔵の7速DCTに、リアに2つのモーターを搭載している。なお、このユニットは377PSの出力が公表されている。

スーパーGT向けのNSX-GTコンセプトは、4気筒2Lエンジンだが、次期型NSXは、アキュラRLベースのパワートレインが採用されることが濃厚だろう。説明員によると開発は順調に進んでいるとのこと。2015年から北米を皮切りに展開されるのを心待ちにしたい。

NSX CONCEPT : the 43rd Tokyo Motor Show 2013 - Honda Ver.<関連動画はこちら>
東京モーターショーでのNSXコンセプトプレスカンファレンスの様子はこちら。
<関連動画はこちら>

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング