【ビデオ】Googleがハンドルもブレーキもない完全自動運転車のプロトタイプをついに公開!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年5月31日 8時0分

【ビデオ】Googleがハンドルもブレーキもない完全自動運転車のプロトタイプをついに公開!



インターネット検索大手の米Googleが27日、かねてより開発を進めてきた完全自動運転車のプロトタイプを公開した。
これまでもGoogleは、トヨタ「プリウス」やレクサス「RX」といった市販車をベースとした自動運転車を開発してきたが、今回のプロトタイプはGoogleがゼロから設計したまったく独自のものだという。それだけでも大きなニュースだが、同プロトタイプで特筆すべき点はマニュアル操作の必要が一切なくなったことだ。ブレーキやアクセルのペダル、ギアもなければ、ハンドルすら付いていない。また、行き先の住所さえあれば、自動で目的地に到着することができる。完全な自動運転を目指した、まさに近未来のクルマと言っていいだろう。

また、このクルマも多くの自動運転車と同じように、複数のカメラとセンサーで周囲の状況を認識し、最新ソフトによってその状況に対応して走行する仕組みだ。今月初めには市街地での走行試験も行い、その様子についてはすでにお伝えしたとおりだ。

Googleのセルゲイ・ブリンCEOの発表によると、このプロトタイプの最高速度は時速25マイル(約40km)とのこと。インテリアはシンプルで、2人乗りのシート以外はほとんど何もない。内装のトリミングもいたって簡素だ。天井部分などは、むき出しのシートメタルにロールケージを取りつけたように見える。

これについては、同プロジェクトの責任者クリス・アームソン氏自身もブログで「インテリアはラグジュアリー感を追求せず、研究目的で設計したので快適性はやや劣るかもしれない。あるのはシートベルト付きの2人乗り用座席、ちょっとした荷物スペース、発車と停止のボタン、そして目的地や走行ルートを表示するタッチスクリーンぐらいだ」と話している。

さらにアームソン氏によると、同社はこの新たな自動運転車のプロトタイプを100台製造し、今年の夏から走行テストを行う予定だが、もし問題がなければ、数年内にカリフォルニア州内で限定的な利用プログラムを展開する見通しだという。

Googleは、一般人向けに行った初の試乗イベントの様子を収めた映像を公開している。参加者の同車に乗ってみた感想も収められているのでぜひチェックしてほしい。このプロジェクトについては、今後も詳しくお知らせしていくつもりだ。


<関連動画はこちら>


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング