【ビデオ】ケータハム「セブン 620R」がKTM「1290スーパーデュークR」と異種対決!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年6月2日 16時0分

【ビデオ】ケータハム「セブン 620R」がKTM「1290スーパーデュークR」と異種対決!



ケータハム「セブン 620R」とKTM「1290スーパーデュークR」をサーキットで異種対決を行ったビデオが英自動車メディア『Auto Express』から届いたのでご紹介しよう。
このレースは当初、セブン 620Rの対戦相手としてKTM「X-BOW(クロスボウ)」を予定していたが、残念ながらX-BOWを手配できなかったため、代わりになる"オープンエアのKTM"として、同社が"The Beast(野獣)"と呼ぶ「1290スーパーデュークR」を用意したのだという。半乾燥重量189kgの車体に最高出力180hpを発生する1,301ccV型2気筒を搭載したネイキッドバイクだ。一方のセブン 620Rは、車両重量545kgのシャシーに最高出力310hpのスーパーチャージャー付き2.0リッター直列4気筒を積むケータハム最速のロードカー。180hp/189kgの2輪車と、310hp/545kgの4輪車が英のブライトン・パークで対決する。

当日は同国特有の曇り空で路面も滑りやすい状態だったため、2輪の1290スーパーデュークRに対して有利な状況にある4輪のセブン 620Rには、スタート直後にドーナツスピンのハンデを課した。また、両車に対してコース上にいくつかの"障害"を設置することで、面白いレース展開が期待できるコースに仕上がった。

しかし、いざレースを始めようとした矢先に雨が降り始め、両車はウェットコンディションでのスタートを余儀なくされる。果たしてレースの結果はどうだったのか? 実は、最後にちょっとした予想外の展開が待ち受けていたようだが、そのあたりは映像を見てのお楽しみとしておこう。

それでは早速、迫力ある熱戦の模様をビデオでご覧いただこう。


<関連動画はこちら>

By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング