マツダ、排気量1.5リッターのクリーンディーゼル・エンジンを新型「デミオ」に搭載すると発表

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年6月10日 16時0分

マツダ、排気量1.5リッターのクリーンディーゼル・エンジンを新型「デミオ」に搭載すると発表


マツダは10日、新世代技術「スカイアクティブ テクノロジー」を採用した1.5リッターのクリーンディーゼル・エンジン「SKYACTIV-D 1.5」を新たに開発し、新型「デミオ」に搭載して日本市場に導入することを発表した。


2014年3月のジュネーブ・モーターショーで、次期型「デミオ」を思わせるコンパクトカーのコンセプト・モデル「マツダ 跳(HAZUMI)」と一緒に公開された「SKYACTIV-D 1.5」は、排気量1.5リッター(1,497cc)の直列4気筒直噴ディーゼルターボ。最高出力105ps/4,000rpmと最大トルク25.5kgm/1,500-2,500rpmを発生する、というスペックが今回初めて公表された。ボア × ストロークは同社の1.5リッター・ガソリン・エンジン「SKYACTIV-G 1.5」よりストロークが短い76.0mm × 82.5mm。圧縮比は小排気量ディーゼル・エンジンとしては最も低い14.8を実現したという。

「CX-5」「アテンザ」「アクセラ」に搭載されて人気を博している2.2リッターのクリーンディーゼル・エンジン「SKYACTV-D 2.2」と同様に、このSKYACTIV-D 1.5も低圧縮比を採用して「理想の燃焼」を追求した結果、高価なNOx後処理装置なしで「ポスト新長期規制」と呼ばれる日本の厳しい排出ガス規制をクリアする...なんてことは今さら言うまでもないだろう。



しかもこれは、単にSKYACTV-D 2.2の排気量を縮小しただけのユニットではない。エンジンを小型化したことによる冷却損失増大を抑制するため、「高分散噴霧のソレノイドインジェクター」と「段付エッグシェイプピストン」による火炎の壁面接触低減、過渡燃焼制御技術を新たに採用。さらにエンジン冷却システムに冷却水制御バルブ(CCV)やウォータージャケットスペーサーを追加採用し、燃焼効率改善と機械抵抗低減を実現したという。また、高圧EGR&低圧EGRシステムを採用することで均質リーン化領域が拡大され、燃費環境性能とパフォーマンス・フィールも向上。過給器はSKYACTV-D 2.2に使われている2ステージターボチャージャー(低回転域用と高回転域用の大小2つのターボを搭載)に替わって、回転センサー付きの可変ジオメトリーターボチャージャーが採用されている。同時に新採用された吸気管一体式水冷インタークーラーは、加速レスポンスおよび過給効率が向上する効果があるという。マツダではこのエンジンについて、「高い環境性能を実現しながら、2.5Lガソリンエンジン並みのトルクフルな走りかつ、高回転までリニアに加速する優れた動力性能を実現しています」と明言している。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング