【ビデオ】フォルクスワーゲンが、運転中のメールがいかに危険かを映画館で実験

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年6月12日 12時0分

【ビデオ】フォルクスワーゲンが、運転中のメールがいかに危険かを映画館で実験


運転中の携帯電話の使用による事故はいまも後を絶たない。4月には、米国のNHTSA(高速道路交通安全局)がその危険性を若者に訴える広告ビデオを公開したが、今回はフォルクスワーゲンが、わき見運転の危険性を変わった方法で表現した広告ビデオを製作したのでご紹介しよう。
"Eyes on the road(道路から目を離さないで)"というタイトルのこのビデオは、香港のある映画館を使って撮影された。観客にはあらかじめCMの撮影があることは知らせているが、内緒で観客全員の携帯電話にメールを送信できる設備を用意。短編フィルムに見入っている瞬間に彼らの携帯に一斉にメールを送信してみたら...。

この結末はぜひビデオでご確認いただきたい。場内の観客は、運転中に携帯のメールを見ることがいかに危険であるか実感できたはずだ。それでは早速ビデオをチェックしてみよう。


<関連動画はこちら>

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング