6月のレースで垣間見えた新たな世界。日本でも体感できるEngadget Fes 2014

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年6月26日 18時0分

6月のレースで垣間見えた新たな世界。日本でも体感できるEngadget Fes 2014


6月は幾多のレースが開催されている。マン島TT、ル・マン24h、ニュルブルクリンク24h、パイクスピーク、F1...。ここ最近一つの事に気付く。ハイブリッドやEVなど数年前には考えられなかったマシン達がコーナーを抜け、ストレートでは化石燃料搭載車と変わりない圧倒的速さでコースを駆け抜けている。

今週行われるパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライムでは、総合優勝争いにEV車が多数名乗りを上げ、三菱自動車「MiEV EvolutionⅢ」、Team APEV with モンスタースポーツの「E-RUNNER Pikes Peak Special」、Team YOKOHAMA EV CHALLENGE「HER-02」などが出場。近年日本のチームは電気自動車に力を入れており、いよいよ総合優勝争いを行えるレベルまできた。個人的には内燃機関のクルマに頑張ってもらいたいところだが。
Autoblogでは後日、飯田裕子氏によるレポートを掲載する予定。




20世紀終盤、ハイブリッド量産車を発売したトヨタ。それから数年の間にハイブリッド車は街中で走り回り、そして今レースの世界でも席巻し始めている。身近な事に置き換えてみてもそれは言える。街には電化製品や情報が溢れありとあらゆる事がいつでも分かり便利な世の中に。そして自動車は安全装備や運転アシスト、そして自動運転の開発まで進む。レースで自動運転は無いと思いたいが...。映画『ブレードランナー』の世界に近づきつつあるのかも知れないと、ここ数年思い始めている。

自分は、やはりクルマ、バイクをイジリ走らせる事が好きなアナログ世代なのだが、そんな時代に自分は、どこで学べばと考えたところ、今週丁度いいタイミングでEngadget Fes 2014が、東京都千代田区のアーツ千代田3331で開催されるとの事。当日参加しアナログからデジタルへエボリューションしてみようと思っている。キャブからインジェクションへ、最初の課題は...ガラケーからの機種変です。

デジタル世代もアナログ世代も注目のイベント。詳しいことは以下のリンクからEngadgetのサイトをご覧いただきたい。

Engadget Fes 2014 開催のお知らせ
http://japanese.engadget.com/2014/05/22/engadget-fes-2014-egfes/

Engadget Japanese
http://japanese.engadget.com

6月28日、アーツ千代田 3331で会いましょう

場所はアーツ千代田 3331です(秋葉原の中央通りを北に進んで銀座線末広町駅からすぐ)。アートとガジェットが融合した一点モノのグッズ販売なども行う予定です。 日時:6月28日12時~(受け付けは11時30分~)

参加費:5000円(早割3000円)、小学生以下無料

会場:アーツ千代田 3331(東京都千代田区外神田6-11-4)

イベント協力:Peatix、WAG Inc.

<関連動画はこちら>
個人情報の同意
お申込みいただきました個人情報は、下記のAOL.JPの個人情報保護方針のもと、本イベント関連情報の提供に利用するとともに、本イベントの協賛企業各社へ提供いたします。なお、無断でその他の第三者に個人情報を提供することはございません。個人情報に関する詳しい取り扱いについては、こちらまでお問い合わせください(メールでのお問い合わせはこちら)。

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング