【レポート】フェラーリのワンオフ・モデル「F12 SP アメリカ」をキャッチ!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年7月4日 6時30分

【レポート】フェラーリのワンオフ・モデル「F12 SP アメリカ」をキャッチ!



先日、イタリアのシチリア島で開催された「フェラーリ・キャバリケード」というイベントで、ワンオフのスペシャル・モデル「F12 TRS」が公開されたことをお伝えしたばかりだが、今回はそれとは別のフェラーリ「F12 SP アメリカ」と名付けられたワンオフ・モデルの写真をご紹介しよう。
公式な情報は得られていないが、このワンオフ・モデルは、おそらくF12 TRSと同じく、「F12ベルリネッタ」をベースしているものと思われる。また、F12 TRSは「250 TR(テスタ・ロッサ)」からインスピレーションを得たオープントップ・モデルだったが、このクルマは鼻先の3連エアインテークや、独特なフロントサイドのスリット、リア・ホイールアーチの後ろに開けられたエアベント、ダックテール型スポイラーを装備するリアエンドなどから、1962年から1963年に36台が生産された伝説的なレースカー「250 GTO」シリーズ1をモチーフにしているようだ。

ニューヨーク州スプリングバレーのディーラー「Wide World Ferrari Maserati」でキャッチされたこのF12 SP アメリカは、すでにオーナーに納車済みだそうだ。名前からして今も米国内にあることは間違いないと言っていいだろうが、一体どのような大金持ちがこのフェラーリにオーダーしたのだろう?

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング