【ビデオ】周辺は大惨事! 盗まれたテスラ「モデルS」が炎上して、真っ二つに

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年7月8日 12時0分

【ビデオ】周辺は大惨事! 盗まれたテスラ「モデルS」が炎上して、真っ二つに



米ロサンゼルスで7月4日深夜、テスラのEV「モデルS」のクラッシュ事故が発生し、数名の怪我人が出た。ロス市警のキャンベル巡査部長は地元TV局KTLA 5に、「このモデルSは地元のテスラの販売店から盗まれたもので、窃盗犯は午前1時前に、時速160㎞を超える猛スピードでモデルSを走らせていた」と語った。
販売店からの通報を受けて、警察はこの盗難車を追跡。その最中にモデルSは2台のクルマと街灯に激突し、他にもかなりの損害を与えて追跡劇は幕を閉じた。モデルSは真っ二つにちぎれ、フロント部分は炎上。リヤ部分は近くのシナゴーグ(ユダヤ教の礼拝堂)にめりこむ無残な姿に。目撃者の一人がNBC Los Angelesに語ったところによると、「見ていた全員が悲鳴をあげていた。助けようにも煙がものすごかった」ということだ。

フロント部分が炎上した原因ははっきりとしていないが、モデルSが特に燃えやすいというわけではないし、160㎞/h以上で事故を起こせば、どんなクルマでも炎上する可能性はあるだろう。詳しいことはまだ分かっていないが、事故に巻き込まれた人の中に重傷者が出ており、さらに当初は死亡したとされていた犯人も、命は取りとめているという。

それでは大惨事の映像を、地元のTVニュース3本からとくとご覧いただきたい。破片が1ブロックも飛び散り、あちこちで火花が飛んでいる様子が窺える。続報が入り次第、またお伝えしよう。








By Sebastian Blanco
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング