ダイハツの軽乗用車「ミラ イース」、ガソリン車トップとなる低燃費35.2km/Lを達成!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年7月9日 19時15分

ダイハツの軽乗用車「ミラ イース」、ガソリン車トップとなる低燃費35.2km/Lを達成!


ダイハツは、"第3のエコカー"として知られる軽乗用車「ミラ イース」をさらに進化させ、ガソリン車トップとなる35.2km/Lの低燃費を達成。そのOEM版であるトヨタの「ピクシス エポック」、スバルの「プレオ プラス」と共に7月9日より発売された。

今回の低燃費化は主に、トヨタ パッソ/ダイハツ ブーンや、トヨタ ヴィッツに続いて投入された、トヨタ・ダイハツ陣営が送り出す高熱効率エンジン群の採用によるもの。トヨタがハイブリッド用エンジンの開発で培ってきた技術などを応用し、高圧縮比化やアトキンソンサイクル化によって熱効率を高め、エンジンのさらなる低燃費化を目指す改良が、ついに軽自動車用658cc直列3気筒にも及んだわけだ。



この最新型「TOPAZ NEO(トパーズネオ)」エンジンは、圧縮比が従来の11.3から12.2に高められ、同時にタンブル(縦回転の混合気の流れ)を強化するために吸気ポートを改良、さらに点火初期火炎拡大のために高着火スパークプラグを採用した。この高圧縮比化に伴うノッキングを回避する技術として、トヨタのハイブリッド車用エンジンでお馴染みの、圧縮比よりも膨張比が高く排熱が少ない(熱効率が高い)アトキンソンサイクル化を採用する...という手法はヴィッツの1.3リッター直列4気筒に倣ったものだ。さらにこの小排気量ユニットでは、燃料を微粒子化させて燃焼効率を安定させるデュアルインジェクタが採用されている。

この変更(主にアトキンソンサイクル化とみられる)により、最高出力は従来の52ps/6,800rpmから49ps/6,800rpmに、最大トルクも6.1kgm/5,200rpmから5.8kgm/5,200rpmに低下した。代わりにJC08モード燃費は2WD車で33.4km/Lから35.2km/Lへ、4WD車でも30.4km/Lから32.2km/Lへ向上している。

低燃費化に向けた改良は車体側にも施され、走行時の空気抵抗を低減させる効果がある「タイヤディフレクタ」をリアタイヤの前にも装備。また、「エコ発電制御」(電装品用の電力をできるだけ減速時のエネルギー回生によって充電する機能)も見直され、減速時の発電量が高まったことで加速・走行時の発電がさらに抑制された=エンジン負荷が低減したという。

その他については、ブラックシート表皮などがセットになった(装備はグレードによって異なる)「ブラックインテリアパック」がオプションとして用意され、インテリアの選択肢が拡がった。



消費税込み価格は、ダイハツ ミラ イースとトヨタ ピクシス エポックが76万6,286円から131万6,572円。スバル プレオ プラスは76万6,300円から131万6,700円とほぼ同等。内外装のデザインもほとんど同じなので、販売店やエンブレムの好みによって選んでいただければよろしいかと。詳しい情報は以下のリンクから公式サイトをどうぞ。

ダイハツ公式サイト:ミラ イース
トヨタ公式サイト:ピクシス エポック
スバル公式サイト:プレオ プラス

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング