【スパイショット】"ニュルブルクリンク最速セダン"の称号奪還を狙う新型キャデラック「CTS-V」

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年7月17日 10時30分

【スパイショット】"ニュルブルクリンク最速セダン"の称号奪還を狙う新型キャデラック「CTS-V」



カモフラージュを施したキャデラックの新型「CTS-V」と見られる車両が、ドイツ・ニュルブルクリンクで目撃されたのでご紹介しよう。
CTS-Vはキャデラック「CTS」をベースに開発された高性能セダン。2008年にはニュルのノルトシュライフェ(北コース)で7分59秒という当時の4ドアセダンとしては最速とされるラップを叩きだし大きな話題となった。新型CTS-Vは、これまでにも何度かテスト走行の様子がキャッチされていたが、ニュルブルクリンクでの姿はこれが初めて。ミシガン州のナンバープレートを付けているが、撮影された場所はサーキット近くにあるグッドイヤー・ダンロップのテスト施設付近だ。

2008年以降、CTS-Vのタイムを上回ったセダンはポルシェ「パナメーラターボ」くらいだったが、いまや競合モデルたちもタイムを縮めつつある。キャデラックが新型CTS-Vで記録更新を狙っているのは間違いなく、現行CTS-Vの性能を考慮しても、その可能性は高いと言っていいだろう。ヨーロッパの高性能セダンとの熾烈なラップ争いが今から楽しみだ。


By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング