【ビデオ】振動でカーナビ代わりに道案内をするスマートシューズ「Lechal」

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年8月8日 14時0分

【ビデオ】振動でカーナビ代わりに道案内をするスマートシューズ「Lechal」


インドのDucere Technologies社が、振動でカーナビのように道案内をしてくれるというスマートシューズ(及びインソール)、「Lechal」を開発したというのでご紹介しよう。
Lechalは、インソール部分がBluetooth経由でスマートフォンと連動して振動し、道案内をするというスマートシューズだ(インソール単体も用意されている)。これを履いてクルマを運転する場合、左の靴底が振動すれば左に曲がり、右なら右に曲がるという使い方ができる。また、"ブブッ"と細かい振動が続いた時はギアを変えるとか、振動が延長された場合は危険が差し迫っているという具合に、道路から目を離すことなく様々な情報をキャッチできる。

この靴には、様々な用途を考えることができるだろう。ジョギングする人はもちろんのこと、目や耳の不自由な方々やお年寄りにとっても非常に有意義なものになると思われる。クルマやバイクの運転時、さらにはレースの時にも役に立つはずだ。振動を認識する度合が人によって異なる点が唯一の不安材料と言えそうだが、それでも、特にGMやメルセデス・ベンツなどが開発しているドライバーアシスト(シートのバイブレーション)機能と組み合わせると、可能性は無限大に広がる。

開発者によると、理論的にはナビゲーションガイドの範囲を拡大し、車に乗り込んで目的地に行くところから、帰りは広い駐車場に停めておいた自分のクルマの所まで徒歩で戻るときも含めて、Google Glassの機能と同じように全ての行程をガイドすることも可能だとのことだ。

充電式で耐水性があり、その上洗濯もできるこのLechalは今秋に発売予定で、価格は100ドル~150になる見込みだ(ソール単体、または写真のシューズとのセットで販売)。ご予約は以下のリンクから公式サイトにて。

Lechal 公式サイト

それでは映像で、Lechalの便利さをご覧いただきたい。


<関連動画はこちら>

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング