「ジャガー XE」、ロンドン・アールズコートにてワールドデビュー

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年9月9日 19時0分

「ジャガー XE」、ロンドン・アールズコートにてワールドデビュー



ジャガーは、ロンドンのアールズコートで開催したイベントで「XE」を世界初公開した。
後輪駆動の「ジャガー XE」は、ドライバーズ・カーであり、軽量車体構造、流線型のスタイリング、ラグジュアリーなインテリア、そして卓越した乗り心地や操作性と相まって、スポーツ・サルーンの既成概念を打ち破る。高性能な「S」モデルを最上位とする「XE」シリーズは、2015年に発売。
「ジャガーXE S」は、3.0リッターV6スーパーチャージド・エンジン。最高出力340PS、最大トルク450Nmを発揮するこの高出力エンジンは、パドルシフト・コントロールを備えた8速オートマチック・トランスミッションと組み合わされ、即座に驚異的なパワーをドライバーに伝える。「XE S」の0-60mph加速は4.9秒、最高速度は電子的に制御され155mph(約250km/h)を誇る。



ジャガーXE担当ビークルライン・ディレクター、ケビン・ストライドは、
「高品質なアルミニウム製車両の製造において業界をリードするジャガーだからこそ、軽さと剛性を融合させた画期的なボディ構造を開発することができたのです。『XE』の先進的なシャシー・テクノロジーによって、従来はもっと上のセグメントのモデルが提供していた俊敏性と洗練性レベルを、これまでにないバランスで実現することが可能となりました。」



アルミニウムを多用した「XE」は、ジャガー・ランドローバーが新たに開発したモジュラー車体構造を初めて採用したモデルで、ミッドサイズ・セグメントにおけるドライビング・ダイナミクスに新たな基準を打ち立てる。長いホイールベースと低いシート・ポジションによって、完璧なプロポーションと、クーペのような流線型のシルエットを実現。



「XE S」の他には、高効率な2.0リッター 4気筒ガソリンまたはディーゼルエンジンを搭載したモデルもあり、トランスミッションには、スムーズなシフトチェンジを実現する6速マニュアルまたは8速オートマチックが組み合わされる。ディーゼルエンジンは、ジャガーが新開発したINGENIUM(インジニウム)エンジン・テクノロジーを採用したもので、燃費75mpg、CO2排出量99g/kmという数値を達成。

「XE」は、これまで生産されたジャガー・サルーンの中で最軽量でありながら最も強靭、そして最も空力特性に優れたモデル。さらに、ステアリングには、油圧式よりもエネルギー消費が少なく、レスポンスとステアリングフィールを提供すべくチューニングされた電動パワーステアリング(EPAS)をジャガーとしては初めて搭載。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング