【ビデオ】MINIが早くも生産台数300万台を達成! 製造過程も映像で紹介

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年9月12日 12時0分

【ビデオ】MINIが早くも生産台数300万台を達成! 製造過程も映像で紹介



BMWグルーブが2001年から販売している「MINI」の生産台数が300万台を突破した。英オックスフォードにあるMINIの工場はお祝いムードに沸いているという。
20世紀に名を残す偉大な英国製小型車の名前をBMWが引き継ぎ、当初は「New MINI」とも呼ばれたレトロルックなコンパクトカーの生産を始めてから13年。今から5年前の2009年に生産150万台突破を祝っていたのも記憶に新しいが、先頃その生産台数が早くも300万台に達したという。そして英国から海外へ向けて出荷されたMINIの台数も、ちょうど同時期に200万台を超えたそうだ。

記念すべき300万台目となったモデルは、5ドア・ハッチバックの「MINI クーパーS」で、その伝統と英国製であることを讃えて、ボディが特別にユニオンジャックでペイントされた。輸出される200万台目となったのは、日本向けの鮮やかなヴォルケーノオレンジのMini ハッチバックだった。

オックスフォード工場で開かれた祝いのセレモニーには、英の運輸大臣バロネス・クレイマー氏も出席し、「注目に値する記録を達成したこの工場で働くすべての人を祝福したい。そして、英国のアイコン的存在となるこのクルマが、自動車産業に繁栄をもたらし、我が国の経済成長に一役買ってくれているだろう」と語った。

BMWグループは現在、MINIの生産に関わるイギリスにある3つの工場に、7億5,000万ポンド(約1,300億円)の設備投資を行っているところで、このオックスフォード工場には新たに1,000体の製造ロボットが導入されている。また、スウィンドン工場にはレーザー溶接を含む新たなボディ製造技術が導入され、ハムスホールにあるエンジン工場は最新型のエンジン製造に対応できるようアップデートされたという。

ビデオにはオックスフォード工場でのMINIの製造過程が収められているので、早速チェックして見てみよう。また、詳細についてはプレスリリース(英語)をどうぞ。


<関連動画はこちら>

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング