最高出力503馬力の「メルセデスAMG C63」、米では来年3月発売!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年9月29日 6時30分

最高出力503馬力の「メルセデスAMG C63」、米では来年3月発売!



メルセデス・ベンツは、新型「Cクラス」をベースとする高性能モデル「メルセデスAMG C63」のスペックや米国での発売日などの情報を公開した。
先代Cクラスに設定されていた「C63 AMG」の後継となるこの新型モデルは、9月9日に発表された「メルセデスAMG GT」と同じネーミング方法に変更され、「メルセデスAMG」のブランド名で発売される。フロントに搭載される「M177」型4.0リッターV8ツインターボ・エンジンは、スポーツ・クーペのメルセデスAMG GTと共通で、やはり同じ様に2つのグレードが用意されている。ベースモデルの「C63」は最高出力469hp、最大トルク66.2kgm、車両重量は1,640kgで、0-100km/hは4秒ジャスト。そしてこのベースモデルでは満足できない人のために、「C63 S」が用意されており、こちらは最高出力503hp、最大トルク71.3kgm、車両重量は1,655kg(欧州版のスペック表による)で、0-100km/hは3.9秒だ。両車ともトランスミッションには、C63に適するようチューンが施された7速デュアルクラッチ「AMGスピードシフトMCT」が採用されており、同社によると「反応速度がさらに速くなった」という。

さらにメルセデスAMG GTと同じく、剛性が可変する「ダイナミック・エンジンマウント」や、3段階に調整可能なダンピング・システム「AMGダイナミック・スポーツ・サスペンション」を標準で装備。「AMGダイナミック・セレクト」は、エフィシェンシー、スポーツ、スポーツ+、レースという4つのモードからドライバーが選択可能だ。タイヤのサイズはC63が18インチで、C63 Sが19インチ。また、C63 Sのオプションとして、高パフォーマンスのセラミック配合ブレーキシステムも用意されている。他のオプションとしては、パフォーマンス・エキゾースト・システムがあり(両モデルに設定)、お望みであれば、1ブロック内のご近所さんをみんな起こしてしまうほどのエキゾースト音を出すこともできる。

C63とC63 Sは、北米では2015年3月に発売され、同時に特別なエクステリアやインテリアを備えた初回限定仕様車「エディション1」も発売が予定されている。ステーションワゴンのモデルも生産されるようだが、北米市場で発売されるかどうかは不明だ。なお、価格については、今回の発表では触れられていない。

それでは、10月のパリ・モーターショーで初公開される新型C63の姿を、一足先にギャラリーでご覧いただきたい。詳細はメルセデス公式のプレスリリース(英語)をどうぞ。


By Steven J. Ewing
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング