【ParisMotorShow2014】フェラーリ史上最強の市販オープンモデル「458スペチアーレA」(ビデオ付)

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年10月6日 11時30分

【ParisMotorShow2014】フェラーリ史上最強の市販オープンモデル「458スペチアーレA」(ビデオ付)




フェラーリは、現在開催中のパリ・モーターショーで、市販型オープントップとしては同社史上最強となる「458スペチアーレA」を公開した。
「F50」をはじめ、「575」をベースとした「スーパーアメリカ」、「599」のオープントップバージョン「SAアペルタ」など、ここ数年の間にフェラーリはハイパワーなコンバーティブルの限定生産モデルを続々と発表している。V12エンジンを積むそれらのモデルをパフォーマンスで凌ぐという、今回の「458スペチアーレA」は、「F430」ベースの「スクーデリア・スパイダー16M」の後継車ともいえる存在で、「458スペチアーレ」と「458スパイダー」の"いいとこ取り"をしたモデル。最高出力605ps/9,000rpm、最大トルク55.1kgm/6,000rpmを発揮する4.5リッターV8エンジンはクーペの458スペチアーレと同型で、アルミ製のリトラクタブル・ハードトップは458スパイダーから拝借しているというわけだ。なお、0-100㎞/hは3秒フラットだという。

458スペチアーレAの生産台数は499台限定とのこと。その貴重な姿をギャラリーとビデオで隅々までチェックしてほしい。


<関連動画はこちら>

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング