【ParisMotorShow2014】ホンダ、「フィット」の欧州版「ジャズ」が登場

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年10月6日 17時0分

【ParisMotorShow2014】ホンダ、「フィット」の欧州版「ジャズ」が登場




ホンダは現在開催中のパリ・モーターショーで、新型「ジャズ(日本名:フィット)」の欧州仕様のプロトタイプをお披露目した。現地から届いた写真と共にご紹介しよう。
"プロトタイプ"とはいっても、ホンダの場合、モーターショーでデビューするのはいつも市販車に限りなく近いモデル。この傾向は、過去にデビューした「アコード」や「シビック」「シビック TYPE R」「CR-V」なども同様で、もはや同社では慣習ともいえる。

そんなホンダがパリで公開したのが、今回も市販モデルに限りなく近いプロトタイプの「ジャズ」。以前お伝えした通り、北米版「フィット」の姉妹車だが、その大きな違いはエンジンにある。ヨーロッパ都市部の交通環境に合わせて、"アース・ドリームス・テクノロジー"を採用した1.3リッター「i-VTEC」エンジンを搭載し、北米版の1.5リッター4気筒エンジンは用意されていない。トランスミッションは北米版と同じで、6速マニュアルとCVTから選択できる。

それでは早速、パリから届いた「ジャズ」の画像とホンダの公式画像をご覧頂きたい。更に詳しい情報は、以前同車を紹介したこちらの記事とプレスリリース(英語)をどうぞ。


By Brandon Turkus
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング