【試乗記】いよいよ、販売開始!NEW マツダ 『デミオ』を楽しんじゃお♪

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年10月7日 19時0分

【試乗記】いよいよ、販売開始!NEW マツダ 『デミオ』を楽しんじゃお♪



皆さん、こんにちは。
Autoblog日本語版編集部ゆいです。
夏の暑さも落ち着き、少し肌寒くなった街はすっかり秋模様。
そんな季節の変わり目に颯爽と登場した、クールな1台をレポートしちゃいます。発売を心待ちしていたファンも多いんじゃないでしょうか?


今回試乗した車はこちら!
NEW! マツダ『デミオ』。

"コンパクトカー"と聞いた時、皆さんはどうゆう車をイメージしますか?
私的な意見ですが、"小さくて可愛らしい車"という、イメージがあります。
それを変えたのが、今回試乗した新型マツダ『デミオ』。
可愛らしいと思っていたイメージは...
"チョーCOOL!"に変わりました。(笑)
そんな、チョーCOOLな秘密を早速ドキドキチェック〜!





新型マツダ デミオは、先代の11色の車体色から10色に変わり、インパクトあった先代デミオの"スピリティッドグリーンメタリック"はない。
新色の"ダイナミックブルーマイカ"、"スモーキーローズマイカ"、デザインテーマ「魂動-Soul of Motion」のシンボルカラー"ソウルレッドプレミアムメタリック"を含む全10色となりました。
私が注目しているカラーはやっぱり、シンボルカラーの"ソウルレッドプレミアムメタリック"。
今回は、気になるレッド デミオをちゃっかり試乗しました。
何故気になるかと言うと、レッドの鮮やかさはもちろん、角度によってクールさを引きてる陰影感。"かっこいい"と、言わざる得ない印象だったからなのです。鮮やかさと陰影感を両立させるのは難しいらしく、何度も試行錯誤を繰り返したそうです。ミクロン単位で塗膜コントロールを可能にした、そんな開発チームの技術にあっぱれと言いたい程、私的にバッチグーな色だと思います。



大きく変わったのは、トレッドとホイールベースの長さですね。
トレッドは、前1,495mm/後1,480mmと先代モデルから拡大。
前輪を約80mm前に出したことでホイールベースを80mm増して、2,570mmに。
この変更のおかげで、ドライバーの体を中心にペダルの位置が20mm外側に配置になりました。
ドライバーにとって、ドライビングポジションは非常に重要ですよね。
先代モデルのやや内側よりのペダル位置に比べ、新型のペダル位置は自然に足を伸ばせる位置にあり、無理なくアクセルやブレーキを踏むことができました。



フロントデザインは、イケメン顔ですよね〜♪
イケメンの秘密は、どうやらヘッドランプにあるらしい。
キラキラと光る生き物の"瞳"をイメージしたヘッドランプ。
深く厚みがある切れ長の瞳は、「どう? 俺ってチョーCOOLだろ?」と言いたそうな感じ。しびれる〜。
LEDランプだから、暗い夜道も白色光で明るく道を照らしてくれますよ。

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング