【ビデオ】ランボルギーニ、新型レースカー「ウラカン GT3」のテスト走行の映像を公開!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年10月10日 16時0分

【ビデオ】ランボルギーニ、新型レースカー「ウラカン GT3」のテスト走行の映像を公開!


ランボルギーニが来季のレース参戦を目標に開発を続けている新型GT3マシン「ウラカン GT3」。今回は、ローマ近郊のヴァレルンガのピエロ・タルッフィ・サーキットで行われた同車のテスト走行の模様を収めたティーザー映像をご紹介しよう。
このウラカン GT3は、ワンメイク・レース用に製作された「ウラカン・スーパートロフェオ」や、ライター・エンジニアリング(同社からはさまざまなレベルのサポートを受けている)が開発を担当した過去の「ガヤルド」や「ムルシエラゴ」のレースカーから学んだ知識と技術をもとに、ランボルギーニが自社で設計・開発した初のレースカー・プロジェクトと言われている。

ベースとなる市販モデルのウラカンに近い仕様であることが期待されるものの、FIA GT3クラスの規定に合わせるためには、相当な車両の軽量化が不可欠だろう。同じフォルクスワーゲン・グループ傘下に属するアウディ「R8 LMS」やベントレー「コンチネンタルGT3」では、市販モデルから重い4輪駆動システムのコンポーネントが取り除かれているが、同様にウラカン GT3が2輪駆動になっても驚くことはない。公道仕様では610psを発生する5.2リッターV10エンジンの最高出力がどうなるかも気になるところだ。

ポルシェが数々のGT3レースに参戦し技術を向上させている間に、ランボルギーニの本拠地サンターガタ・ボロニェーゼの地名の由来ともなっているキリスト教の聖女、聖アガタが期待通りのスピードを新型レースマシンに必ずや授けてくれることを期待したい。では、早速ビデオをチェックしてみよう。


<関連動画はこちら>

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング