「メルセデスAMG GTは、SLSのように一世代だけでは終わらせない!」AMGのトップが断言

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年10月13日 16時0分

「メルセデスAMG GTは、SLSのように一世代だけでは終わらせない!」AMGのトップが断言



「SLS AMG」よりも価格を抑えながらその後継車として誕生したメルセデス・ベンツの高性能クーペ「メルセデスAMG GT」。米国のショールームにお目見えするのは、最高出力503hpを発揮する「GT S」が来春で、456hpの「GT」はその1年後となる予定。しかしAMGのトップは発売前にもかかわらず、早くも同モデルの今後について話をしている。
AMG部門代表のトビアス・メールス氏は、最近オーストラリアの自動車情報サイト『Motoring』のインタビューで、GTの今後の展開について、現行モデルを7~8年間生産した後、次世代モデルを誕生させると語った。

さらにメールス氏は「GTには派生モデルを加えていきます。ライフサイクルを充実させなければなりませんから」と、シリーズのラインナップがGTとGT Sだけで終わらないことも示唆した。詳細までは語らなかったが、同氏は最近、高性能なブラックシリーズを追加することを明言しているし、コンバーティブルが設定されるという噂もある。

また、メルセデスが今後GTのラインアップを充実させ、SLSの様に一代限りで終わらせないと宣言する理由について、メールス氏はそのセグメントで競争力を付けるためであることを仄めかした。つまり、AMGはGTをポルシェ「911」やアウディ「R8」に対抗できるモデルへと育て上げ、セグメントのトップを狙えることを実証し、ブランドを確立したいと考えているようだ。


By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング