Bose「ドライブと音楽に関する調査」を実施!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年10月13日 18時0分

Bose「ドライブと音楽に関する調査」を実施!


MAZDA CX-5用Boseサウンドシステム

ボーズ・オートモーティブが実施した「ドライブと音楽に関する調査」をご紹介しよう。今回の調査は、直近5年以内に新車を購入した20代から50代のドライバー男女600名を対象に実施した結果を公表した。
 国内景気の不振や少子化、消費の多様化等を背景に、若年層をはじめとする生活者の「車離れ」が指摘されるなか、最近の車購入者および運転者は、「車」にどんな価値を見出し、「ドライブ行動」にどのような楽しみを感じているのか。
 調査結果からは、車購入を比較・検討する段階ではあまり考慮に入れることがない一方、実際に運転をする段階において重宝(満足)度合いが高いものに「カーオーディオ」が挙げられ、その他、車内音楽の鑑賞行動・方法にも、こだわりや世代差がみられるなど、「ドライブシーンにおける音楽」の効用や有用性を改めて垣間見ることのできる調査結果となった。
 さらに、車購入時の重視ポイントに「本体購入価格」に次いで「デザイン」と「燃費」が挙げられ、2人に1人のドライバーが「目的地での過ごし方」よりも「車中」にドライブの醍醐味を見出していることなどが明らかとなった。


MAZDA AXELA

■調査結果からみられた主な傾向
1. いまどきの車購入、重視ポイントは「デザイン」も、購入前と比べて購入後に"重宝度"が高まる第1位は「カーオーディオ」若年層* 2人に1人が重宝して利用
2. ドライブの醍醐味1位は「目的地での過ごし方(42.8%)」よりも「車中(52.7%)」
   車内ムードの鍵を握る「会話(55.2%)と「音楽(47.3%)」
3. ドライバー6割が「車内が無音・無言だと『間が持てない』」と回答
   一方、流す楽曲は相手によって変えたくないこだわりのドライバーが多数
4. 車内音楽は「スマホで再生」の若年層* vs 「CD・ラジオ派」の中高年*
   ひとりドライブでは8割が歌って気分転換
5. カーオーディオの「音質」6割が「改善したい」と回答   
最も音楽を聴く空間・時間は、「自動車に乗るとき」
* 若年層:20代および30代、中高年:40代および50代

ボーズ・オートモーティブ株式会社

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング