【ビデオ】日産カナダが、お手頃な「マーチ」でワンメイクレースを開催へ!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年10月21日 8時30分

【ビデオ】日産カナダが、お手頃な「マーチ」でワンメイクレースを開催へ!



日産は、来年のル・マン24時間耐久レースに「GT-R LM」で参戦を発表したり、レーシングゲーム『グランツーリスモ』と連携して「 GTアカデミー」というドライバー発掘・育成プログラムを推進するなど、モータースポーツとの関わりを本気で強めている。

そんな同社が先日、ワンメイクレース「日産マイクラカップ」をカナダで行うと発表した。もちろん日産「マイクラ」(日本名:「マーチ」)は「GT-R」のように速いわけではない。だが、このレースシリーズはカナダの人々に手頃な費用でレースに参加する機会を与えてくれることになりそうだ。日産が"カナダで最も運営コストの安いワンメイクレース"と言う通り、少なくとも北米では他に類を見ないほどワンメイクレースの主役となるレースカーが安い価格で入手できるのだ。
このレースカーのベースとなるのは、最高出力109hp、最大トルク14.8kgmを発生する1.6リッター4気筒エンジンと5速マニュアルトランスミッションを搭載する「マイクラ 1.6S」。これにレース仕様としてパフォーマンスを向上させるためにアップグレードされるパーツは、ニスモ製Sチューンサスペンションキットと改変されたエキゾースト、高性能ブレーキパッド、ファストホイールズ社製ホイールに装着されたピレリ製高性能低扁平タイヤだけ。さらに安全のため、内装をドライバーを保護するプロテクションネット付きのロールケージや、FIA承認の5点式ハーネス付きのレーシングシート、消火装置、ボディ前後の牽引用フックが装備されている。このレース仕様車にかかる費用は、税抜きで1万9998カナダドル(約190万円)だという。

最初の日産マイクラカップは2015年5月、初めはケベック州のみで開催される予定だが、シリーズが軌道に乗れば他州でも開催されるとのこと。5月から9月までの週末に5回開催され、毎回の練習が30分、予選が30分、そしてレース(30分)が2回行われる。日産は25台以上の参加車を見込んでいるようだ。

レース参加者は、この小さなハッチバックでコース記録を打ち立てることは難しいだろうが、実際にサーキットに飛び込めることが何より楽しいに違いない。それでは、マイクラがサーキットを走る姿をビデオで見てみよう。日産マイクラカップについてさらに詳細を知りたい方はプレスリリース(英語)もどうぞ。


<関連動画はこちら>

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング