新型『マツダ デミオ』月間計画販売台数の5,000台を大幅に越える受注台数!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年10月31日 6時30分

新型『マツダ デミオ』月間計画販売台数の5,000台を大幅に越える受注台数!



マツダ株式会社が9月11日に予約販売を開始した新型『マツダ デミオ』は、10月26日時点で累計受注台数が19,233台となり、月間販売台数の5,000台を大幅に越えた。
 新型「デミオ」は、好評の「マツダ CX-5」、「マツダ アテンザ」、「マツダ アクセラ」に続く、マツダの新世代技術「SKYACTIV技術」と新デザインテーマ「魂動-Soul of Motion」を全面採用した新世代商品の第4弾となるコンパクトカーで、「車の価値はボディサイズに比例する」という既成概念を打ち破り、「圧倒的なスタイリングと品質感」、「ロングレンジドライブ性能」を目指して開発された。



 エンジン別の受注台数構成比は、ガソリン車が37%、ディーゼル車が63%とディーゼルの伸びが目立つ結果となった。ボディカラーは「魂動」デザインを表現したソウルレッドプレミアムメタリックが28%、インテリアは、「アテンザ」や「アクセラ」と同じオフホワイトレザーを使用した仕様の内装が22%を占めた。

SKYACTIV-G 1.3                SKYACTIV-D 1.5

 執行役員 国内営業担当の福原 和幸は、「スペックや機能だけではなく、造り手の想いも一緒にお客さまにお届けする活動を行っており、それが少しずつ伝わってきた結果だと嬉しく思っています。これからも、マツダがお客さまの人生をさらに輝かせるオンリーワンのブランドになることを目指した販売活動を進めていきます」と述べた。

マツダ

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング