【ビデオ】巨大風船の中に入って丘を転がる日産「ノート」

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年11月4日 15時0分

【ビデオ】巨大風船の中に入って丘を転がる日産「ノート」



安全なクルマ作りを進める日産は、LDW(車線逸脱警報)やBSW(後側方車両検知警報)、MOD(移動物の検知)機能付きアラウンドビューモニターなど、ドライバーを危険から守るための様々な先進安全機能を「ヴァーサ ノート(日本名:「ノート」)」に搭載している。その安全性を、ユーモアたっぷりに紹介するビデオが制作された。 
皆さんは、ゾービング(Zorbing)をご存じだろうか。ゾービングとは、大きな透明の球体の中に人が入ってゆるやかな斜面を転がるニュージーランド生まれのアクティビティ。日産はこれをヒントに、クルマが入れるようなカーゾーブ(CarZorb)と称する大きな球体を製作した。

映像には、直径6メートル(外周約18メートル)、重さ1トンもある球体が中にノートをまるごと包み込んで丘を転がる様子が収められている。製作には2カ月間を要し、試作テストは「英国軍の極秘訓練施設」で行われたという。

転がりながらも球体に守られるノートの姿は、ノートの安全性を表現しているのだとか。早速、"カーゾーブ"の2分間の映像をお楽しみいただきたい。


<関連動画はこちら>

By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング