新型「ポロ」SUVテイストの「CrossPolo」を追加導入、発売を開始!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年11月6日 23時30分

新型「ポロ」SUVテイストの「CrossPolo」を追加導入、発売を開始!



フォルクスワーゲン グループ ジャパン 株式会社(代表取締役社長:庄司 茂、本社:愛知県豊橋市)は、今年8月から発売を開始した新型「ポロ」の追加モデルの第2弾として、SUVテイストの新型「CrossPolo」を発表。

ボディカラーは2色の新色を含む全5色で、歴代「クロスポロ」のテーマカラーである"オレンジ"は、従来の色調から落ち着いたトーンの"ハニーオレンジメタリック"(新色)へ変更。このほかにも"チタニウムベージュメタリック"(新色)や、ベースモデルの「ポロ」でも人気の高い"フラッシュレッド"、"ディープブラックパールエフェクト"、"リフレックスシルバーメタリック"もラインアップした。「クロスポロ」希望小売価格は、2,750,000 円(税込)。



「クロスポロ」は、日本の道路事情に適した大きさの「ポロ」をベースに、遊び心をクロスオーバーさせたモデルとして登場。日本でも2006年9月から初代「クロスポロ」の販売を始めて以降、常にラインアップに加えられ、今回のモデルチェンジで3世代目となる。

「クロスポロ」のエンジンは、ベースモデルの「ポロTSIコンフォートライン」と同じ、1.2リッターのTSI(ガソリン直噴ターボ)エンジンを搭載し、同モデル初のStart/Stop(アイドリングストップ)機能とブレーキエネルギー回生システムで構成される"BlueMotion Technology(ブルーモーションテクノロジー)"を採用。これにDSGトランスミッション(7速)を搭載することで、JC08 モード燃費は21.9km/Lと、前モデルに比べて約16%向上した。

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング