【ビデオ】世界最速の霊柩車が、ゼロヨン9.5秒を目指して1300馬力にパワーアップ!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年11月9日 18時0分

【ビデオ】世界最速の霊柩車が、ゼロヨン9.5秒を目指して1300馬力にパワーアップ!



多くの人にとって、クルマに乗る最後の機会となるのが、おそらく霊柩車の後部だろう。そんなとき、米シカゴを本拠とするチューニング・ハウス「AMS パフォーマンス」が手掛けた世界最速の霊柩車「Madness」に運良く乗せてもらえたならば、あなたは安らぎの地へ最速で運ばれていくはずだ。
このMadnessのベースとなっているのは、オハイオ州ライマにある霊柩車専門コーチビルダー、Superior Coaches社が霊柩車にコンバートした1996年型シボレー「カプリス」。それをAMS パフォーマンスの副社長Arne Toman氏が長年の夢だったという世界最速の霊柩車に改造したものだ。そのきっかけは、2008年に同氏が、ギネス世界記録として2005年に認定された"世界最速の霊柩車"のクォーターマイル(約400m)の13.72秒という記録を見て、簡単に破ることができると思ったからだという。

ビデオに登場するMadnessのエンジンは、2006年型のシボレーのバンから移植したGM製「LQ4」型6.0リッターV8に、新しいカムやバルブスプリングを組み込むといった簡単な改良を加えただけだが、ブースト圧158.5kPaを誇るターボチャージャーが搭載されており、最高出力1000hpを発揮するという。もちろん合法的に公道走行が可能で、エアコンやオーディオ、棺を運ぶための装備を残しながら、0-60mph(約96km/h)は2.26秒、クォーターマイルが9.94秒と、圧倒的なスピードで加速するそうだ。

ちなみに、このビデオの撮影後、AMSはエンジンをよりアップグレードし、新しいリアディファレンシャルと強力なトランスミッションなども搭載して、最高出力を1300hpに引き上げている。目標はクォーターマイル9.5秒、最高速度200mph(約322km/h)を達成することだとか。

新たな映像を心待ちにしながら、まずは1000hpが見せるドラッグストリップでの威力をビデオでチェックしよう。また詳細が気になる方はプレスリリース(英語)を確認してほしい。


<関連動画はこちら>

By Chris Bruce
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

<strong style="font-size: 14.3999996185303px; border: 0px; font-family: '" ヒラギノ角ゴ="" pro="" w3″',="" '"hiragino="" kaku="" gothic="" pro"',="" "osaka",="" "メイリオ",="" "meiryo",="" '"MS="" Pゴシック

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング