伊の電動バイク、エネルジカ「エゴ」のカウルを外したネイキッドモデル「エヴァ」

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年11月12日 19時30分

伊の電動バイク、エネルジカ「エゴ」のカウルを外したネイキッドモデル「エヴァ」



伊CRPグループの子会社で電動バイクメーカーのエネルジカ・モーターカンパニーは、6~9日にミラノで開催された第100回目となるEICMA2014(ミラノショー)で、同社のスーパースポーツモデル「エゴ」のカウルを取り払ってストリートファイター系のネイキッドに仕上げた最新モデル「エヴァ」を発表した。
エゴよりも若干、乗りやすいスタイルになったエヴァは、人目を引くだけでなく、人の心を捉えるモデルだといえるだろう。テクニカル面の詳細については未発表だが、分かっているのは、サーキット向けのエゴから同じフレームと134hpを発生するドライブトレインを受け継ぎながら、フロントフェアリングを極限まで小さくし、幅広で上向きのハンドルバーと2人乗りのシートを装着していることだ。また、搭載された11.7kWhのバッテリーパックによる航続距離を伸ばすため、スロットルマップを変更しし、パワーの出方もより扱いやすくなっているという。

エゴは来年発売予定で、米国ではカリフォルニア州ニューポートビーチにある2輪ショップ「ニューポート・イタリアン」がディーラー第1号店になるとのこと。エヴァのほうは2016年に発売され、価格はエゴの3万4000ドル(390万円)より少し安くなる見込みだ。近い将来にはこのアーバン・フレンドリーなマシンを見る機会が増えると思われるが、今はとりあえずギャラリーの写真を見て我慢するしかなさそうだ。


By Domenick Yoney
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング