​『日産リーフ』使用済みバッテリーを活用した実証実験を発表!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年11月14日 23時0分

​『日産リーフ』使用済みバッテリーを活用した実証実験を発表!


日産自動車株式会社(社長:カルロス ゴーン)とフォーアールエナジー株式会社(代表取締役社長:牧野英治、以下4Rエナジー)は、株式会社エナリス(代表取締役 池田元英)と協力し、電気自動車「日産リーフ」の使用済みリチウムイオンバッテリーを複数組み合わせ、大容量蓄電池システムとしてビルの電力マネジメントに活用する実証実験を行うと発表した。
このシステムは、日産の先進技術開発センターに「日産リーフ」の使用済みリチウムイオンバッテリーを24台分設置し、エナリスが提供するディマンドリスポンス(DR)サービス対応するもので、電力供給を滞らせることなく電力料金を削減できる大容量蓄電池システムの利用方法を実証。
実証の最大の特徴は、電力の需要側と供給側の両者にメリットがあるビジネスモデルの構築を目指すことです。将来的に、需要側である事業所等がリスクや投資負担の懸念なしで電力料金を最大10%削減することが期待できる一方、供給側はDRによるインセンティブを得る事ができ、同時に需給バランスを適正な状態に保つことができるビジネスモデルを目指す。
今回はビジネスモデル構築のための検証を目的として日産の先進技術センターに4Rエナジーの大容量蓄電池システムを設置するもの。
ビジネスモデルを検証する為、日産自動車は大容量蓄電池システムの設置場所提供・DR実施への協力・大容量蓄電池システムを設置する事で得られる経済性確認をジ実施。
4Rエナジーは、使用済みリチウムイオンバッテリーを用いた大容量蓄電池システムの提供と運用、今回のプロジェクト全体のマネジメント、エナリスは電力マネジメントの管理・運営、DR・需給バランスの維持などによる経済性確認実施していく。
電力マネジメント用の大容量蓄電池はコストが高いことが課題。本実証では、日産リーフの使用済みリチウムイオンバッテリーを用いることによる蓄電池の調達コスト削減。適切な電力マネジメントによる電力料金の削減を目指す。これにより、使用済みリチウムイオンバッテリーを用いた大容量蓄電池システムの普及と、事業の確立を進めていくと考えている。

日産自動車株式会社 公式

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング