パガーニが中国限定モデル「ウアイラ・ディナスティア」を発売(ビデオ付)

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年11月17日 10時30分

パガーニが中国限定モデル「ウアイラ・ディナスティア」を発売(ビデオ付)



イタリアのモデナを拠点とするパガーニから最初に発表された「ゾンダ」は、この新興スーパーカー・メーカーの知名度を高めたが、販売地域は限られており、米国には輸入されなかった。しかし、後継となる「ウアイラ」では販売の国際化が図られている。こうした販売戦略の中で特に重要視されているのが中国市場だ。そこでパガーニは中国カスタマーの要求に応える専門の部門を立ち上げ、特別仕様のウアイラを誕生させた。


写真の「Dinastia(ディナスティア:「王朝」という意味)」と呼ばれるウアイラの限定モデルは、北京の紫禁城にある九龍壁からインスピレーションを得たという。100台が限定生産されるウアイラの中で、3台のみがディナスティアとして仕上げられる。全てカーボンファイバーが透けて見える塗装が施されており、ブルー・カーボンのボディには水の龍「Baxia(覇下)」、ゴールド・カーボンには戦士の龍「Yazi(睚眦)」、レッド・カーボンには火や雨を見守る龍「Chiwen(鴟吻)」がそれぞれあしらわれている(日本版編集者注:プレスリリースには"dragon"とありますが、正確に言えば"龍"ではなく、龍が産んだとされる九匹の子「龍生九子」という中国の伝説上の生物)。

インテリアの各部にも外装と合わせたカラーのトリムが施され、さらにボディには最近のル・マン・プロトタイプに見られるようなフィンを小さくしたパーツなど、特別なエアロパッケージも装着される。

3台の特別なウアイラは、新たに設立されたパガーニ・チャイナ・オートモーティブ・リミテッド(PCAL)によって販売されるという。同社は中国、香港、マカオ市場を担い、アジア太平洋諸国でアフターサービスを提供していくとのことだ。ギャラリーで、ゴージャスな限定ウアイラの姿をぜひお楽しみいただきたい。興味のある方はプレスリリース(英語)をどうぞ。



 
By Noah Joseph
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング