【速報】ジャガー、『Fタイプ KEI NISHIKORI EDITION』限定35台受注開始!

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年11月20日 22時30分

【速報】ジャガー、『Fタイプ KEI NISHIKORI EDITION』限定35台受注開始!



ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、『F-Type』2016年モデルをベースに『Fタイプ KEI NISHIKORI EDITION』を11月20日から限定35台で受注を開始した。
プロテニスプレイヤー錦織 圭選手は、今年9月にジャガーとパートナーシップを組み、ジャガーのアンバサダーに就任している。
35台限定となった理由は、『FタイプKEI NISHIKORI EDITION』は、2014シーズンにおいて自己最高のランキング5位、2016年モデルのラインナップが7車種と言う事で、「7車種×5位=35台」となった。




「FタイプKEI NISHIKORI EDITION」は、内外装ともに錦織選手が選定し、ボディカラーは頂点を目指す錦織選手の希望により、情熱的なメタリックペイント仕上げの「ファイヤーサンド(オレンジ)」に決定した。
インテリアは、外観と違いブラックを基調にした落ち着いたデザイン。ボディカラーと同じファイヤーサンドのステッチを採用し、内外装に統一感を持たせた。
左右のフィンダーのパワーベント下に「KEI NISHIKORI」バッチを、ダッシュボード左端に「KEI NISHIKORI EDITION」と35台分の1台を表す「1/35」という文字が書かれたシルバープレートを、そしてエンジンフードには「KEI NISHIKORI EDITION」と「1/35」に加え、錦織選手のサインが書かれたシルバープレートをレイアウトしている。




ベース車は、ボディタイプはクーペとコンバーチブル。エンジンタイプは、V6スーパーチャージド(最高出力340psもしくは最高出力380psの2種類)とV8スーパーチャージド(最高出力550ps)。
トランスミッションは、6速MTと8速オートマッチク・トランスミッション(AT)、駆動方式は後輪駆動(RWD)とAWDが組合わせた「Fタイプ」2016年モデル全7車種の中から選択できる。



実際に『Fタイプ KEI NISHIKORI EDITION』を見て今の心境を「嬉しいの一言ですね。自分のモデルが出てほしいという話をしていたので、現実になった事が嬉しいです。」と語った錦織選手。
どんな想いでで作ったか?
「大好きなオレンジをボディカラーに入れてほしい。とお願いしました。インテリアやホイールにも拘り作りました。」
どんな方に乗ってもらいたいか?
「こだわりを持った方々に乗ってほしい。外見は派手ですが中は細かい作りになっているので幅広い方に乗って頂きたい。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング