ホンダ、​2014年ロサンゼルスオートショー出展概要 ~米国FirstElement Fuel社への支援を発表~

Autoblog JP(オートブログ) / 2014年11月22日 22時0分

ホンダ、​2014年ロサンゼルスオートショー出展概要 ~米国FirstElement Fuel社への支援を発表~



本田技研工業株式会社は、2014年ロサンゼルスオートショー(プレスデー:2014年11月18日〜20日、一般公開日:11月21日〜11月30日)にて、Acuraのエントリースポーツセダン「ILX」のマイナーチェンジモデルや新型「HR-V」の量産モデルなどを出展。同時に、全米に水素ステーションを設置してい「FirstElement Fuel社」に、1,380万USドルの支援を行うことを発表した。



カリフォルニア州において州の助成金とホンダからの支援を合わせ、12ヵ所の水素ステーションが設置可能となる。またカリフォルニア州は、水素ステーションの設置に向け今後数年でさらに2億USドルの助成金を交付する予定。ホンダは、燃料電池自動車(FCV)の普及に向けて必要なインフラ整備への支援を行いながらFCVの導入を進める。
ホンダは、多様なエネルギー源から製造可能で輸送や貯蔵もできる水素を、次世代のエネルギーキャリアととらえ、水素で走るFCVを究極の環境車と位置づけ、1980年代後半から研究開発を行ってきた。
2002年に世界で初めて米国認可を取得した「FCX」、2008年に日米でリース販売を開始したセダンタイプのパッケージや異次元のドライブフィールを備えた「FCXクラリティ」に続き、2014年11月17日には、新型FCV「Honda FCV CONCEPT」を日本で発表。このコンセプトカーをベースにしたFCVを2015年度中に日本での発売を目指す。その後、米国や欧州で展開していく予定。
ホンダは、2020年までに米国における四輪製品のCO2排出量を2000年比で30%削減することを目標に、今後も環境技術を磨きCO2ゼロ社会の早期実現を目指す。

出展モデルのAcuraは、エントリーモデルと位置付けているスポーツセダン「ILX」のマイナーチェンジモデルを全米で2015年初めより販売を開始。パワーユニットは、2.4L直噴DOHC i-VTEC直列4気筒エンジンとトルクコンバーター付き8速DCTを新たに採用し、高出力と低燃費を両立。「ジュエルアイLEDヘッドライト」を採用し、安全運転支援システム「アキュラ ウオッチ(Acura WatchTM)」をオプション設定とした。このシステムは、フロントグリル内に設置したミリ波レーダーとフロントウインドウ内上部に設置した単眼カメラという、特性の異なる2種類のセンサーで構成し「渋滞追従機能付ACC(Adaptive Cruise Control with Low Speed Follow)」、歩行者を検出する機能を追加した「衝突軽減ブレーキ(Collision Mitigation Brake System)」、「路外逸脱抑制機能(Road Departure Mitigation)」などの機能を備え、通常走行時から緊急時のリスク回避までの運転を支援する。
また、クーペのあでやかさ、SUVの力強さ、ミニバンの使いやすさを融合させたクロスオーバーモデル新型「HR-V」を全米で2015年前半に販売。パワーユニットは1.8L SOHC i-VTEC直列4気筒エンジンにCVT(2WD、4WD)と6速マニュアルミッション(2WDのみ)を用意。フロント席でクーペを思わせるパーソナルな空間を創出する一方で、ホンダ独創の「センタータンクレイアウト」によって、ゆとりあるリア席を実現している。

本田技研工業株式会社 公式

Autoblog JP

トピックスRSS

ランキング